2017年2月16日

”SUMiZ富岡 丘と空の家” 宇宙技術?自然素材!

今回もSUMiZ富岡 okatosoranoie です。(英語で書いてみました)
外装、内装及び設備まで、建築家が、デザイン+性能+コストを考え抜いた、仕様の一部を紹介します。
まずは外壁です。こちらはシンプルに、RC躯体を活かした、コンクリート打放しに、撥水塗料を塗布し、メンテナンスの少ない仕上げとしました。100年先も、自然の風雨に耐え、堅牢な姿を維持できるように考えました。
そして、内装です。室内の壁や天井には、宇宙技術を応用した「熱の均衡化」をもたらす”断熱セラミック”を塗り、夏の暑さや冬の寒さ、また、騒音や臭いに対応し、快適な住環境を実現します。床には、もちろん、無垢フローリングを、ドイツの自然素材オイルで仕上げ、家族の足跡(そくせき)を残します。
SUMiZ富岡okatosoranoie竣工外観パース
設備では、製品保証25年!!のIKEA製システムキッチンをSUMiZオリジナルでアレンジしました。ステンレス天板に、GROHE社の水栓やエレクトロラックス社の大型食洗機をビルトイン。レシピ本を手に料理も楽しみになります。また、オープンキッチン+大型ダイニングテーブルの配置により、食を中心とした、家族のコミュニケーションをも促します。「ストウブ」の鍋でシチューを作るとき漂ういい匂いも、親子のかけがえのない思い出になります。
そして、しんしんと冷える冬には、薪(まき)のかわりにペレット(木のチップ)を燃やす「ペレットストーブ」が活躍します。暖炉のような暖かさとくつろいだ雰囲気を味わえ、炎を眺めながらの家族の会話は、日常を非日常(リゾート)に演出します。
まだまだ、色々なカスタマイズが出来ますよ。
詳しくは、モデルハウス”SUMiZcave"に遊びに来て下さい。
我が家のペレットストーブとくつろぐREXくん

2017年2月1日

”SUMiZ富岡 丘と空の家” 近代建築の5原則?! 

今回も”SUMiZ富岡 丘と空の家”を、もう少し詳しく紹介したいと思います。
このRC建物は、地上3階+Ph階で約45坪の大きさがあります!
外観は、構造躯体のコンクリート打放しとし、四角いキューブな形は、いかにも堅牢な姿を構えています。
”SUMiZ富岡 丘と空の家”のplanコンセプトは、ル・コルビュジエが提唱した「近代建築の5原則」の要素を周到に取り入れています。(近代建築の5原則=「ピロティ」「自由な平面」「連続窓」「自由な立面」「屋上庭園」の5要素)この建物は、鉄筋コンクリートの柱で構造的に建物を支えることで構造壁を考えることなく「自由な平面」を、意匠的に窓を配置できる「自由な立面」を獲得しました。
planに関しては、1階フロアは、大型のガレージ、エントランス、そして、ピロティで構成されています。フリールームを備えたピロティは、12帖ほどの広さがあり、サーフィンボードのメンテナンス、自転車バイクのガレージ、または、釣り仲間と釣り道具をいじりまくる、などなど、幅広いライフスタイルを享受します。2階3階の居住エリアとの距離感も絶妙です。

 2階フロアは、主寝室と子供スペース(パーティションで分割可)の居室と浴室、洗面室となっており、4帖の洗面室に続く廊下には、大型のクローゼット(ファミリークローゼット)を配置し、姉妹・兄弟・親子でワードロープをシェアします。
続く3階フロアは、何の障害もなく眺望を得ることができる連続窓とライトコート及びトップライトの3面採光の明るいダイニングキッチンとリビングの20帖のLDKです。
家族が集うダイニングキッチンは、天井高を3m!4.5帖のライトコートデッキを併設した開放的な空間とし、一方、リビングは天井高を抑え、少し落ち着いた空間を演出して、必然に家族が集まる、居心地の良い空間を創造しました。
最後にph階は、建築によってなくなってしまった植物を代わりに屋上に配置する「屋上庭園」を用意しました。

私たちは、”SUMiZ富岡 丘と空の家”で、敷地を活かすデザインの原点に立ち、この”住まい”に、多くの知恵を工夫を編み込みました。洗練された外観、個性に合わせたライフスタイルに呼応する間取りで、この先の長い暮らしを贅沢に過ごせるよう、新しい”住まい”の価値を提案します。



    

2017年1月17日

2017"SUMiZ富岡 丘と空の家”発表

本年もよろしくお願いします。
唐突ですが、私、五味は、不動産仲介(販売)を5年、建売住宅の建築を5年、注文住宅の建築を10年と経験を重ね、携わった住宅は、300件以上、より良い”住まい”の提供を考えつづけ20年になります。新しい”住まい”の価値を提案するため、SUMiZを始め、10年が経ちました。これからも、新しい”住まい”の価値創造に挑戦していきます。どうぞ、これからのSUMiZにもご期待ください。
本年は、新しいフェーズとして、RC(鉄筋コンクリート)住宅を、提案型分譲”SUMiZ富岡 丘と空の家”として発表します。SUMiZでは、過去にも、”SUMiZ鵠沼ビオトープ”(3棟)、”SUMiZ逗子616"(6棟)などの提案型分譲住宅を供給実績がありますが、今回は、躯体寿命100年以上のRC造(鉄筋コンクリート)住宅での企画です。

2008"SUMiZ鵠沼ビオトープ”

敷地は、横浜金沢のウォーターフロントに近接した、富岡分譲地内の丘陵地に、地質的に大変頑丈な地盤の敷地があり、価格の抑えられた敷地の斜面に、堅牢なRC造建物を埋め込むことで、4000万円台での、RC造(鉄筋コンクリート)提案型分譲住宅ができました。
”SUMiZ富岡 丘と空の家”のコンセプトは、”堅牢性と開放性の両立”です。構造は鉄筋コンクリート造の3階建です。採用したラーメン構造は、鉄筋コンクリートの柱梁による構造特性により、大変強固な躯体を作り出すとともに、自由なプランニングが可能で、大きな窓の開放的な空間を得ることができます。また、リビングからは視線を遮るのものがなく、緑と空を思う存分望むことができます。さまざまなライフスタイルを受け止めると同時にシェルターとして住まい手を守る役割をこの住宅は保証します。詳しくは、モデルハウス”SUMiZcave"にて、模型を含めたプレゼンテーションをいたします。お気軽にお問合せください。資料請求はWEBより。
2017"SUMiZ富岡 丘と空の家” 外観パース




2016年5月12日

市が尾の家2016 Prologue

久しぶりのブログです。
今回は、先日、引渡しをさせていただいた”市が尾の家”を紹介します。
施主N様とお会いしたのは、ちょうど1年前でした。N様が従前に暮らしていた田園都市エリアにて開放的な環境でお子様と暮らしたいと計画していたところ、東南から南西面に大きく開けた敷地と出会い、その敷地の特性を活かせる建築会社を探している時でした。ハウスメーカー、ハウスビルダー、SUMiZと数社との面談を行い、SUMiZにもご興味を戴き、家づくりのみならず、LifeStyleまで、沢山のお話をさせて頂くことが出来ました。
PLAN構築には、一級建築士事務所AtelireARCが登場します。建築敷地でのミーティングやご家族の生活スタイルのヒアリング、デザインのベネフィット、コストの把握などを丁寧に行った後、建築家の特性である空間デザインで建築PLANを構築していきます。私も毎回、コスト算出のために渡される仮PLANを楽しみにしていまして、現地にPLANを持って行っては一人唸っていたりします(^_^)v、合わせて、設計事務所とコストを睨み、仕様を決め、見積書を作成したら、ドキドキの建築PLANプレゼンテーションです。N様の感想が楽しみです(^ ^)。さて、いよいよプレゼンテーションの開始です!



今回のテーマは、開放性とプライバシーの相反する要素でした。敷地の開けた南西側には、高台の公園があり、外からの視線を考慮する必要があり、かたや大きな開口部とデッキバルコニーを必須要件とした施主要望に、建築家が導き出したPLANは、階段室を南西側に配置し干渉エリアとして、外からの視線からプライバシーを守り、その階段室をガラス張りとすることで開放性を損なわないつくりとしました。デッキバルコニーは東南側から南西面につながり、デッキでの様々なシーンに対応、愛車の仏車もインナーガレージに納まり、N様も納得の様子。平面図や立面図で間取りを、断面図で空間設計を、また、建築模型で建物デザインを説明。期待以上の提案に喜んでいただいたところに問題が発生!それは、PLAN説明後の見積及び資金計画の説明が終わった時でした。全体コストの把握に間違いがあり、仕様の変更だけでは、今回の建築PLANは成り立たないことが判明。そこへ、コスト面で優位なハウスビルダーのPLAN見積が提示!!SUMiZでの家づくりが難しいと思われましたが、N様、SUMiZのPLAN提案力と家づくりの違いに評価をいただき、RePLANでの契約を無事いただきました。
RePLANされた建物は、次回、”市が尾の家2016 Preview"で紹介します。

2015年4月14日

SUMiZstandard_STORAGE

快適な住まいを構成する要素はたくさんありますが、その中でSUMiZでは特に重要に考え、提案するのがStorage=収納計画です。収納はたくさんあればいい?後で何に使うか考えればいい?しかし、どの住宅も空間やコストに制限があり、使い勝手や必要量は、たくさんあれば良いではなく、どこにどれくらい必要かを深い階層でヒアリングを重ね、設計にプロットしていくプロセスが不可欠です。整理された住宅は、快適な生活をするための必要要件です。ある意味、収納も重要なデザインワークであると言えます。例えば、トイレに収納がない場合、トイレットペーパーや清掃用具などは、どこに収納するのか?まさか、突っ張り棒!!大きさに合っていないカーテン!!更には、キッチンにはパントリーは?スパイスラックは?ウォークインクローゼットの中は?洗面室には洗剤はリネン類は?SUMiZの我が家では、洗面室には、リネン類はもとより、家族全員の下着から部屋着まで収納できるようにしてあり、汚れたもの(洗面)→洗濯機(洗面)→干す(ベランダ)→洗濯物(洗面)と、使い勝手まで考察された収納計画を構築しています。もちろん、ご家族それぞれで使い方や生活習慣の違いがありますので、ベストプラクティスは異なります。稚拙な設計では、収納=クローゼットもしくは押入れとなり、とりあえず各部屋1つとなります、収納するもの及び必要量の検証もなしに、それで本当に快適な住まいが出来ますか?
SUMiZでは、家族の持ち物や量はもちろん、趣味などの収納方法にまで検討を行い、収納計画をカスタマイズします。basicな要望がしっかり確立されて、住みやすく、永く使い続ける事ができると確信しています。良い住まいつくりには、工法や仕様ではなく、住まう方とつくる者とのコミュニケーションが大きく左右すると考えます。

PS:我が家の収納でも、後発的に発生したキャンプ道具なども、納戸など位置関係も悩ましいところです。